Home > 健康情報 に関するページ一覧

健康情報 に関するページ一覧

美肌のツボ

冬は湿度も低く、乾燥しやすくお肌のトラブルも増えてきます。

そこで今回は乾燥肌に効くツボを紹介します。

鼻づまりにも効果的なツボ(げいこう)小鼻の横

不眠にも効果のあるツボ(かんこつ)耳の後ろのくぼみ

*息を吐きながら指や手のひらで気持ちのいい強さで押しましょう。

正月太りに効果があるツボ

脂肪の燃焼を促すツボ

(足の裏 たいようしんけいそう

押してあげるだけでも効果ありもっと効果を

求める方はお灸をしてみるといいですよ!

 

脂肪をスムースに排出するツボ

(膝上から2.5センチほど上の内側 けっかい

胃の不調を整え消化を活性化するツボ

(膝下のくぼみから指4本分下 あしさんり

ぜひお試しください。

カサカサ乾いていませんか?

 

東洋医学では血(けつ)が足りないと顔色は青白く潤いのない肌や髪になり

体形もきゃしゃで疲れやすく、めまい、立ちくらみを起こします。

原因はストレスや過労、夜遅くまで起きているといった不規則な習慣です。

このような方にオススメな食材は

補血類のニンジン・ホウレンソウ・豚レバー・マグロ・イカ

胃腸機能を高める山芋・キャベツ・ナツメ・シイタケなどを

とるといいでしょう。

 

脂肪も身体には必要!

身体で最も重要な臓器『脳』は水分を除けば70%は脂肪で出来ていて

人体で1番脂っぽい臓器です。たんぱく質での必須アミノ酸と同じく脂肪でも

必須脂肪酸があります。

それは体内で合成できないために食べ物などから摂取する必要があるものです。

糖類やたんぱく質の2倍以上のカロリーがあるためにダイエットをする際に

まず制限されてしまう脂肪。

うつ・疲労・集中力の欠如・記憶障害・アルツハイマー病などに関わっている

栄養素です。脂肪も脳と心の健康を維持するのに欠かせないのです。

食欲の秋

昔から食欲の秋と言われますが夏の疲れが出て

食欲があまりない方も多いと思います。

そんな方は下のツボを押して下さい。

①みぞおちの少し下の(こけつ)

②みぞおちとおへそのちょうど真ん中の(ちゅういん)

③膝の皿の下側真ん中より外側にあるくぼみから指3本分下

足の3里

注意:ツボはすべて気持ちいい程度で

10~15秒ぐらいを4~5回押しましょう。

体調管理に気をつけましょう!

朝、晩は大分涼しくなってきましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので注意が必要です!

特に今年はRSウィルスが流行しているようですし、

うがい・手洗いをしっかりと!

・適度な運動・偏り過ぎず、多すぎない食事

・十分な睡眠(理想8時間)で自分の免疫力を高めましょう。

マッサージや鍼(ハリ)で緊張をとってあげるのも効果的ですよ!

季節の変わり目に注意!

季節の変わり目、特に夏から秋にかけては体調を崩しやすいです。

1番の原因として気温の変化です。気温の変化は体温調節している自律神経に

ストレスを与えます。

すると、自律神経の働きが鈍くなり免疫力が低下し風邪をひきやすくなります。

そこで今回は、自律神経に対して効くツボを紹介します。

やる気が出ないのはエネルギー不足のせい?

・いつもだるくやる気が出ない

・胃腸が弱い

・一晩寝ても疲れが取れない

・風邪をひきやすい

・めまいや立ちくらみがある

こんな方はエネルギーである『気』が足りなくなっています。

お奨めの食事として、お米を中心にかぼちゃ・キャベツ・鶏肉・サバやイワシ等

揚げもの・ケーキ類・生野菜は控えて温野菜を食べましょう。

お奨めの習慣は体力がないので頑張りすぎると倒れてしまいます。

睡眠時間を8時間確保して日中も少し休憩を取るようにし

激しい運動はやめて軽い運動から始めましょう。

軽い熱中症にきくツボ

梅雨も明けて、東京も暑い夏がやってきたという事で今回は、吐き気・めまい・脱力感などの症状が出る熱中症に効くツボを紹介します。

あくまで軽い症状の場合ですのでヒドイ症状の場合は最寄りの医療機関に受診して下さい。

ストレスから来る気太り

あなたはストレスから肥満になる事を知っていますか?

チェックポイント

●不眠になりやすい

●便秘がちである

●緊張すると胃が痛くなる

●下痢をしやすい

 

上の内3つ以上あてはまるならあなたは気太りかも?

 

このタイプの方は肺が弱っているので積極的に気分転換を

はかりストレスをためない生活を心がけてください

 

図にあるツボが効果的です。

・合谷(ごうこく)・中院(ちゅういん)・気海(きかい)

 

痛くない程度に刺激して下さい。

 

Home > 健康情報 に関するページ一覧

メタ情報

Return to page top