Home > オスグット | 症例集 > 走ると痛いオスグット

走ると痛いオスグット

12歳 男の子 学生

バスケットボールしている中学1年生半年前から練習後にひざ下に痛みが出ていたが
近くの接骨院や整形外科に行きながらバスケットボールを続けていた

 

しかし2週間前から少し走っても痛みが出るようになり練習が出来なくなってしまい

以前当院でかかとの痛みでかかった事があるチームメイトから話を聞いて来院

 

初診時の症状

足を引きずって来院 荷重をかけると膝から下が痛いと言う

圧痛・腫脹ともに強く膝を90度曲げるだけで痛みが出る

膝を完全に伸ばすことも出来ない

最近では反対の膝も痛みが出始めていた

施術

筋肉の緊張を取り骨盤のゆがみを整えて立ってもらうと何とか体重をかけられるようになった

さらに足首と膝関節のアライメントを整えると歩いた痛みは無くなり

一番痛みが出ている筋肉に特別な手技をすると90度しか曲がらなかった膝が

160度まで曲がるようになったところで初回は終了

2回目には軽く走れるようになって

4回目には練習に復帰

6回目で施術終了としました

この子はバスケットをかなり真剣にやっていると言うことで

当院のメンテナンス整体を勧めて今も月に1回の割合で来院しています
最近は以前よりパフォーマンスも上がってきたと喜んで頂いています

*施術効果には個人差があり効果を保証するものではありませんので

ご注意ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

当接骨院はご紹介で墨田区はもちろん江東区、江戸川区、台東区、荒川区、足立区、葛飾区

中央区、板橋区、文京区、練馬区や千葉県、埼玉県、茨城県、神奈川県、山梨県、等からも

慢性腰痛・オスグット・半月板損傷・ヘルニア・などの方が来院されています。

お陰様で予約がとりづらい状況が続いていますが当日でもキャンセルが入る場合もございますのでお電話でご確認下さい。

 

Home > オスグット | 症例集 > 走ると痛いオスグット

メタ情報

Return to page top