Home > 臼蓋形成不全症 > 臼蓋形成不全症

臼蓋形成不全症

千葉県のはずれのほうからわざわざ3時間近くかけてこられた患者さん
病院で臼蓋形成不全症と言われ治すには手術しかないと言われたが
インターネットでいろいろ情報を集めて来院

初診時は寝ていても痛い・歩行で体重がかかっても痛い・
足が上がらないと言っていたが治療の途中で歩いてもらうと
痛みがだいぶなくなったらしく
まだ、『少し触っただけですよね!』となんで痛みが減ったかを理解したくないらしい

当院の治療ではよく患者さんがまで先生何もしてないのに痛みが違うのが理解できない患者さんが
よくいます。

ほとんどの治療が強い刺激で行うため皆さん刺激が強いほうがよく治ると勘違いされている
人がほとんどです。

西洋医学のお薬なら強いほうが効きはいいでしょう

しかし私が行う自然形体療法や活法整体は弱い刺激で自律神経や脳に働きかけて
痛みの原因やゆがみを整えていくのでやられている方は何をされているかわからない方が
沢山います
わからないけど体が変化しているのはわかるので????になります

世の中には自分が知らないことがまだまだたくさんありますよね!
うちが行っている治療もそれに近いと思います

話がそれましたがこの患者さんは症状がすべてなくなり
3回で治療終了となりました

再発しないように体操を教えますがこれをしっかりやっている方は
その後来院されなくても大丈夫ですが
サボってしまうと何カ月もしないうちにまた当院の門をたたくことになります

せっかく大事なお金や時間を使って治しても生活習慣を治さないと
また痛みが出てしまいますのでお気をつけて。

Home > 臼蓋形成不全症 > 臼蓋形成不全症

メタ情報

Return to page top