CATEGORY

健康情報

    ゴルフの話6

    今回は腸腰筋をどう効率よく鍛えるかを書いていきたい思います まずいくら運動してもそもそも腸腰筋が衰えてしまう生活習慣をしていればなかなか効果も出ないですし スイングも変わりません 1番気をつけたいことは座っているときに寄りかからない事です 細かいことは割愛しますがこれを治さないと いくらトレーニングやストレッチをしても効果はうす~くなります 寄りかからないようにするには骨盤を立てて骨盤の上でバランスを取れるようにしてください 疲れたらたまに寄りかかる これをしていかないと効果を実感するのにすごく時間がかかりますのでお気を付けください 前置きが長くなりましたがトレーニングは簡単です 寝ながら自転車をこぐように動かす体操です 床に仰向けになる 両脚を45度の高さまで持ち上げる おへそをのぞきこむようにして上半身を少し起こし、両前腕と肘を上半身の後ろの方の床につけて支える 自転車をこぐようにして両脚を空中で回す。このとき、股関節の付け根から大きく動かす意識で 30回繰り返す 以上を1セットとして、1分ほどのインターバルを入れて2セット行いましょう。 慣れてきたら80回から100回を目標にやり […]

    ゴルフの話5

    今回はスイングの重要な腸腰筋のお話です 上の図が腸腰筋と呼ばれる筋肉ですなぜこれがゴルフスイングに重要な筋かと言いますと 腸腰筋は唯一の重力に逆らう筋肉だからです詳しく説明すると 骨盤の前傾を維持し運動時の骨盤の安定をはかる筋肉だからです これを聞くと皆さん納得しますが腸腰筋は足の付け根と骨盤の内側から 腰の骨の前側についているので立ち姿勢を維持するために大きく働くので スイングの前傾の維持やスイング中の骨盤の安定に無くてはならない筋と言えるでしょう 次回は どうすれば腸腰筋を上手に鍛えられるかを解説したいと思います。  

    ゴルフの話4

    今回はアマチュアゴルファーの悩み第2位のスライスしてしまうについて書きたいと思います 第1位の飛距離が出ないと同じなのですがどうも皆さんスイングを難しく考えることがお好きなようで 別に考えている方も多いようです スライスする原因はこすり玉を打っているからと言う明確な答えがあるにも関わらず ダウンスイングで手から下ろしてしまうために軌道がアウトサイドインになってしまい こすり玉を打っている方がほとんどかと思います なので無理に手を返すと左に出て左に曲がるチーピンになったり右肩が前の出てシャンクになったりして 悩みがだんだんと増えていきます この悩みを根本的に解決するには体幹を意識してスイング中に体がぶれないようにすることが大事になってきます そして鍛えるべき筋は腸腰筋です! 次回は腸腰筋がなぜスイングの安定に大事なのかを解説したいと思います

    ゴルフの話3

    上の図の青くなっている所が左の広背筋ですこの大きな筋肉がゴルフの飛距離UPには欠かせない筋肉となっています 色々なトレーニング法がありますがこちらを見ている方は バリバリ運動をしている方は少ないと思いますので初歩的なトレーニングをひとつ 簡単なトレーニングですが続けていただくことで広背筋と脊柱起立筋が働いてきますのでぜひ続けてみてくださいね ●ヒップリフト=お尻を持ち上げる簡単なトレーニングですが注意する点も書いておきますので気を付けながら自分のできる範囲で行ってください 運動不足の方が急に行うと腰痛の原因になることもありますのでこの運動をした後に腰が痛くなったらやらないようにしてください ではやり方です 1,天井を見るように寝る 2,膝を90度に曲げる 3,手は、軽く広げる 4,お尻を上げられるところまで上げていく 5,膝から胸までが一直線になったら、一度停止する 6,その後ゆっくりと戻す 7,この動作を10から20回繰り返す 8,インターバル(20秒) 9,全部で3セット行う 10,終了以上です気を付けることは1、呼吸は止めない2,お尻だけを動かすイメージで3,お尻をおろす時はゆっ […]

    ゴルフの話2

    アマチュアゴルファーの悩み第一位は 『飛ばない事』 と言うアンケートがキャロウェイが取ったアンケートで堂々の1位と言う話を前回しました 今回はでは球を飛ばすには体のどこを鍛えれば飛ぶようになるかをお話したいと思います 実際の所その人によって使えていない所は違いますが飛ばない人やヘッドスピードが速くない人に共通しているのは 広背筋が弱いもしくは使えていないということをよく見ますので 飛距離が出ない思いっきり振ってもヘッドスピードが出ない方は この背中の一番大きな筋肉である広背筋を鍛えましょう! いやいや俺は背筋力人には負けないよと言う人もいると思いますが ただついていれば筋肉は仕事するわけではありません 飛ばない人ほど広背筋をスイングの時に意識できていません 間違いなく手や腰、腕あたりを意識してクラブを振っていると思います そのような意識でスイングするとほぼ間違いなく手うち曲がりが激しい難しい スイングになるかと思います 私も長い間そうでしたのでよくわかります 手打ちやボールが曲がってお悩みの方はだまされたと思って 背中の広背筋を意識しながらスイングをしてみてください 間違いなく今よりゴ […]

    ゴルフの話1

    コロナ過でゴルフ人口が増えたというニュースをやっていました確かに最近コロナ前より練習場が混んでいますし 若いゴルファーをよく見かけるようになりました これから数回に分けて整体師の私から見たゴルフをやる方のどこを鍛えると上手になるかをお伝えしたいと思います 私のゴルフ歴はもう30年くらいになりますが典型的な月一ゴルファーで本気でやろうと思ったのが50歳を過ぎたころですので 身体が思うように動かないことが原因でよいスイングができないとわからず スイングに問題があると思い込んでありとあらゆるスイング理論、動画などでスイング改造をしていましたが その時はいいがすぐにまたスランプになるを繰り返した経験から今の使えるからだがそもそもゴルフには必要なことを 痛感したので少しでも私と同じような人がスイング理論迷子にならないようにしたいと思います キャロウェイと言うゴルフメーカーがアマチュアゴルファー1000人のアンケート結果で堂々の第一位は 飛ばない! というものでしたしかしよく考えてください練習すればみんな300ヤード飛ぶようになるんでしょうか? 応えはNOですよね では分かりやすい公式がありますの […]

    痩せにくい身体

    皆さんは痩せ筋という言葉を聞いたことがありますか? 最近聞かれるようになった痩せ筋とは 色々調べると大きい筋肉のことと書いてあることが多いです 確かに大きな筋肉が動けば小さい筋肉が動くより痩せる感じがしますよね(笑) 具体的にはお尻周りの殿筋、ハムストリングス、大腿四頭筋、内転筋 背中の広背筋や胸の大胸筋さらに腹筋と書いてあります これは運動大好きな方から目線の言葉だと私は思います なぜなら上に書いてある筋肉は身体の一番上側についている筋肉になります 少し難しい話になりますが筋肉には大きく分けると脂肪をエネルギーとして動く筋肉と 糖質をエネルギーとして動く筋肉に大別できます 皆さんは『痩せ筋』と聞いてどちらに筋肉を思い浮かべますか? ・・・・・脂肪を燃やしてくれる?と思いますよね! 正解は糖質を燃やす筋肉のことを一般的には痩せ筋と呼んでいるようです ではなぜ脂肪をエネルギーとして使う筋でなく糖質をエネルギーとして使う筋を痩せ筋というのか 次回は深堀してみたいと思います。

    免疫力を促進する方法

    世の中にはいろいろな免疫力を上げる方法が連日TVなどで報道されていますよね 新型コロナウィルスが確認されてから早くも3年目に入りましたが他の国がいろいろな規制が 緩和される中日本は以前の日常に中々戻れないでいますよね 自分でできることは感染症対策も大事ですが本当に大事なことは自分の免疫力を上げておくことで ウィルスが体内に入ってもそれをやっつけてくれることですよね 水素研究の第一人者の三羽信比古教授の著書 水素の効力の中で 濃度3%の水素ガスを20分吸入した時に元気のない白血球の免疫増強効果が認められたと 書いています 以前も書いたと思いますが水素は300を超える研究論文のなかで副作用がないと言われているので 免疫を上げるのにこれほど安全なものはないですよね 当院では水素ガス吸入器と水素風呂をレンタルしております もしこれを読まれた方で安全に免疫力を上げたい方がいましたら是非下のリンクからレンタルしてくださいね 今なら 水素風呂1月のレンタル代が3850円税込み 水素ガス吸入器レンタル代が4950円税込みでレンタルできます 詳しく聞きたい方はやわらぎ接骨院で無料体験もできますのでお問い […]

    ウォーキングのお話し

    コロナでリモートワークが多くなって早くも2年以上がたちましたね 通勤が少なくなり歩く量が以前より少なくなった人が多いと思います テレビで運動不足解消のためよくウォーキングを薦めていますよね! 番組で先生と呼ばれる方達がご丁寧に歩幅は広めで着地は踵からついて つま先でいきよいよく蹴ると教えていますよね まじめな患者さんはこれを聞いた通り行っていると 踵が痛くなったり、すねの内側が痛くなったり 膝が痛くなったりして治療に来られます このような方達には歩き方を確認させていただき どこに問題が出ているかを教えさせていただきどのような意識で ウォーキングをすればいいかを指導させていただくと患者さんも驚くほど楽に歩けると ご好評いただいていますので もし、このようにウォーキングなどで足を痛めて運動ができなくて困っている方がいましたら ぜひ1度当院でお体を診させてください。  

    身体が焦げる!とはどういう状態?

    今回は身体のコゲ=糖化=AGE(糖化最終生成物)のお話です ?????の人が多いと思いますがごく身近の起こることなどで簡単に理解しておいてくださいね 食事や飲み物からとった余分な糖質と体内のタンパク質が結びついて 細胞を劣化させる現象です 体のサビの活性酸素になんか似ていますが別物です このAGEも多くの病気の原因になることがわかっています (動脈硬化、白内障、アルツハイマーなど) おもに食事などからとっていますのでこんなものを多くとっていると糖化が進みやすい人なので気を付けましょう 主食:白米、食パン、うどん 野菜:ジャガイモ、ニンジン 加工食品、菓子:ジャム、清涼飲料水(果糖ブドウ糖液)チョコレート、ホットケーキなど 逆にこのAGEを作りずらい食品は 主食:パスタ(全粒粉)、おかゆ(玄米) 野菜:玉ねぎ、キャベツ、大根、トマト、キュウリ、もやし 加工食品、菓子:自然の果物など 肉、魚:マグロ、アジ、イワシ、タコ、イカ、アサリ 鶏むね、もも、牛ロース、ヒレ、豚ロース、もも キノコ海藻類:しいたけ、えのきだけ、エリンギ、シメジ、なめこ、生わかめ、のり、ヒジキ、昆布 等です